FC2ブログ

サスティナブルなライフスタイル その4(最終回)



こんにちは!PARAISO南公園店レセプショニスト税所です。
サスティナブルなライフスタイルの話の続き最終回です。

地球温暖化に影響を及ぼしている産業、
それは畜産業です。

牛のおならやゲップから出るメタンガスが排出量の多くを占めているのです。
意外と知られていない事実ですよね。

このメタンガスを抑えるために
牛の飼料に海藻を混ぜなど研究も行われているようです。

スーパーに並ぶ精肉も
パックされた物からはなかなかイメージはしにくいですが
命あるものでした。

動物の命を命としてではなく食料として扱われる動画を見てから
ベジタリアンになったという人もいます。
世界には食糧難で食べれない餓死している子供たちもいます。

食料というカテゴリーから動物にとっての健康な状態などは
全く無視され狭いゲージに大量に飼育されたり
飼料も度外視されたものだったり
悪環境から病気を防ぐために抗生物質を大量に投与されたり
パック詰めされた物からその動物の
バックグラウンドは想像できませんが
その命を私たちは頂いていることになります。

畜産が温暖化に加担しているなら
畜産業を少なくすれば減らせるのでは?

と思いますが、メタンガスを抑制する牛の飼料の研究がされていたり
悪環境で育てられた精肉を知らぬうちに購入していたり
何が正解で何が間違いか白黒つけるのは難しいところではありますが
今一度サスティナブルなライフスタイルのために
何ができるのかを考えるのも
大切なことではないかと感じます。

買い物は投票と言われるように
購入することは生産者さんの支援に繋がるのです。
そういう観点から買い物をするということも
小さな一歩になると思います。

食べるというのは命をつなぐこと
人間は我が中心ではなく
自然の一部であるということも
忘れてはいけない大切なことです。

サスティナブルなライフスタイル その3



こんにちは!PARAISO南公園店レセプショニスト税所です。

少し空いてしまいましたがサスティナブルなライフスタイルの話の続きです。

前回家庭から排出するマイクロプラスチックをお話ししましたが
逆に摂取に関して言いますと、

紅茶のティーバッグでお湯を入れ作るカップの中から
ペットボトルの水からも塩からもマイクロプラスチックは検出され

海水から海に住む生物へ蓄積され生物濃縮された魚や貝を人間が食べる・・・
マイクロプラスチックは知らぬ間に摂取しています。

人体への影響はまだ明確ではないようですが

考えられることとして以下が挙げられます

・プラスチックの添加剤が内分泌攪乱作用がある
・腸から血液に入り込み様々な器官の炎症が懸念される

人の利便性で作られたものが今や環境へ大きく負荷をかけ
ひいては人の健康へと影響を及ぼしてしまっている・・・

何とも不甲斐ないことです。
マイクロプラスチック問題も自分にできることから変えていきたいですね。

小さな一歩が大きな力になるはずです。

さて、環境問題で気になることがもう一つあります。

地球温暖化に最も影響を及ぼしている産業は何かご存じですか??
次回はこのお話をします。

サスティナブルなライフスタイル その2



こんにちは!PARAISO南公園店レセプショニスト税所です。
サスティナブルなライフスタイルの話の続きです。

私は子供が生れた頃から環境問題に開眼しまして
前回話したような生き方に変わりました。
洗濯用角ハンガーも以前はプラスチック製を使っていましたが現在はステンレス製にし6、7年以上使っています。劣化もないです。食材の保存用には野田琺瑯の琺瑯製ストッカーがメインです。長く使えるものは見ていても美しく、気に入ったものを長く使えるのは生き方の選択としても気分がいいです。
でもプラスチック製品ももちろんあります。
無理のない範囲で自分にできることを続けています。

ヒトも地球の一部。私欲中心の考えから地球に負担をかけない生き方にシフトチェンジすることで変えられることが生まれます。

今環境問題で気になっていることがあります。
マイクロプラスチック問題です。

プラスチックの海洋汚染問題からレジ袋有料化が始まり
身近に感じている方もいるかもしれません。
プラスチックを海に捨てなければ防げるという問題ではないようです。
私たちの身近な例で言うと
冬に大活躍してくれる軽くて暖かい衣類のフリース、これを洗濯するだけで
かなりのマイクロプラスチックが家庭から流出するらしいのです。
掃除用のメラミンスポンジ、アクリルたわしからも排出するそうです。
下水からやがて海へと続きます。
スクラブ入り洗顔料のスクラブも実は!
知らぬうちに環境に負荷をかけていたなんて・・・


次回サスティナブルなライフスタイル その3へ続きます。

サスティナブルなライフスタイル その1

Screenshot_20210122-170351_convert_20210122172808.png


こんにちは!PARAISO南公園店レセプショニスト税所です。
今日はサスティナブルなライフスタイルのお話をしたいと思います。
最近良く耳にするSDGs(Sustainable Development Goals)=持続可能な開発目標

簡単に言うと
・2015年に国連で採択された2030年までの達成を目指す17の目標
・国際機関、政府、企業、学術機関、市民社会、子供も含めた全ての人が、
それぞれの立場から目標達成のために行動することが求められる
・キーワードは『誰ひとり取り残さない』

カラフルな17の項目は目にした方も多いのではないでしょうか。
既に取り組んでいる企業もありますね。
持続可能な世界を作るために国をあげて取り組んで行きましょうということです。

17のマークはカテゴリーを大きく分けると
『不平等をなくそう!』『暴力や差別をなくそう!』『地球環境を守ろう!』

さあ、自分には何ができるでしょう。
私が特に気になるカテゴリーは『地球環境を守ろう!』です。
サスティナブルな暮らしを維持するには地球の環境を守り、資源を大切にすること・・・
大きな話に聞こえてしまいますが、毎日の生活で出来ることもありそうです。

例えば洗剤。食器用洗剤や衣類用洗剤、掃除用の洗剤、家庭の排水溝から先は地球に繋がっています。
食器用や衣類用は自然に還る石鹸系の洗剤を選ぶこと。掃除は重曹や酸素系などを選ぶこと。
家庭から出るゴミもなるべく少なく、食材のムダ買いムダ遣いをしないこと。
プラスチック包装材など使い捨ての物を選ばず繰り返し使える物を選ぶこと。
ペットボトル飲料からマイボトル(水筒)に変えるなど。
買い物も長く使える物を選ぶこと。
地産地消すること、などなど。

次回、サスティナブルなライフスタイル その2へ続きます。

ベジタリアン、ヴィーガン

IMG_0092.jpg


こんにちは!南公園店レセプショニスト税所です。

今日はこのお話。わかっているようで説明できない
ベジタリアン、ビーガン違いって何??

ベジタリアン、ヴィーガンは『菜食主義者』というカテゴリーでは同じ
ですが実際に食べるものや考え方の点では異なり実際には別物と言っても◎

ベジタリアンの方がより広い概念でそこにヴィーガンも含まれると考えておくといいです。

●ベジタリアン定義

肉、魚介類、及びそれらの副生成物(含有食品)を食べない人のこと
日本では『菜食主義者』と呼ばれている
ベジタリアンになる理由は、宗教上の理由・動物愛護精神、環境保護・健康上の理由などが挙げられる。

ベジタリアンは食べるもの・考え方により細かく分類ができる


・ヴィーガン(ピュアベジタリアン)
動物に苦しみを与えることの嫌悪から
肉、魚介類に加え、卵・乳製品なども食べない人のこと
加えて皮製品、シルク、ウール、羊毛油、ゼラチンなどを身に着けるのを避けたり
動物実験による製品の非買行為など。

・ダイエタリーヴィーガン
ヴィーガン同様、食事の面で植物性食品のみ摂るが食用以外の動物の利用を必ずしもさけようとしない。

・オボベジタリアン
基本ベジタリアン、植物性食品・卵は食べる

・ラクトベジタリアン(乳菜食)
基本ベジタリアン、植物性食品・乳製品は食べる

・ラクト・オボ・ベジタリアン(乳卵菜食)
基本ベジタリアン、植物性食品・乳製品・卵は食べる
欧米のベジタリアンの大半はこのタイプ

・フルータリアン
野菜も生き物と捉え果物・ナッツなどの木の実以外は食べない。

・ノン・ミート・イーター
肉は食べない、魚介類や乳製品、卵は食べるベジタリアン。

・ぺスクタリアン
肉・卵・乳製品は食べない魚介類は食べる

・ポーヨー・ベジタリアン
鶏肉のみ食べるベジタリアン

・セミ・ベジタリアン
普段の食生活において肉を極力食べないよう心掛けているベジタリアンのこと

など

ヴィーガンという生き方の根底にあるのは動物愛護の精神であり
ここが健康志向から生まれたベジタリアンとの大きな違いです。

多様化が求められる昨今、洋服に好みのブランドがあり身に着けるように
ビーガニズムの観点から食べ物はもちろん生き方という選択肢を
偏見や差別無くごく当たり前に認め合える世の中であって欲しいと願います。
プロフィール

PARAISO(パライソ)

Author:PARAISO(パライソ)
愛知県岡崎市にある、
髪と身体と環境にやさしい美容室

【Beauty Life Creation】

をテーマに、いつもキレイに心地
よくをデザインします
髪質改善、天然100%ヘナ、
頭皮改善ヘッドスパ、ホームケア
まで私たちが全力でサポートします


友だち追加

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR