FC2ブログ

【髪質改善ヘアエステ3回コース】について☆

kodawari02.jpg




こんにちは^ ^

髪の毛がパサついてゴワゴワしてしまったり
まとまらないなんてことはないですか?


髪の毛の内部では水分・タンパク質・油分
が抜け出てしまうと
色持ちやパーマの持ちが悪くなったり
毛先がパサついてまとまりが悪くなります。


ただ、枝毛や切れ毛まで出来てしまっている毛先は
元には戻りません。


枝毛や切れ毛が出来てしまったら
少しずつ毛先を切る必要があります。


トリートメントを1回しただけではある程度の仕上がり以上は期待するのが難しくなります。


またそこから2、3ヶ月空いてしまうと
せっかく入れた栄養が抜け出てしまい元の状態に
戻ってしまいます。


まずは1ヶ月半の間に3回トリートメントをして集中的に栄養を入れる必要があります。

ここで土台をしっかりと作ります。



その後も髪のコンディションに合わせて月に1回ペースで栄養補給出来ると髪の毛の状態が安定してきますので、
そのペースで続けていけると髪の毛が綺麗になります。


髪の毛を綺麗にしたい方へ是非おすすめです^ ^

【 髪質改善ヘアエステ】家での手入れについて☆

ダメージヘア、圧倒的美髪



サロンでトリートメントをした後は
おうちでのトリートメントがとても重要になってきます(*^^*)


なぜなら、
サロンに月1回通ったとして。。
年12回です。
その後の残りの353日はおうちでのお手入れになってきます!


今回はおうちで実践出来るお手入れ方法をご紹介しますね。


まず、シャンプーの前や乾かす前は
目の粗いくしで毛先から丁寧にときほぐしましょう。


予洗いを2、3分することでシャンプーの泡立ちが良くなります。

オッジィオットのシャンプーを
使われている方は、
洗い終わった後に泡をつけた状態で
少しおくと泡の中にある栄養がぐんぐん浸透していきます。


トリートメントはパサつきの気になる
毛先中心につけて、
おけたら3分程おきましょう。


せっかく美容院で栄養をいれても
髪を乾かさずに寝てしまったりすると
キューティクルが開いてしまい
栄養がどんどん出ていってしまいます。


お風呂から上がって
まずはタオルで地肌を拭き、
毛先の水気はゴシゴシすると摩擦で痛むのでポンポンと優しく拭きましょう。


ここからはアウトバスをつけて、
ドライヤーで乾かしていきます。

サラッとまとめたい方はミストがおすすめです。
ひっかかりや広がりが気になるところにつけてもみ込みます。


お顔でいう化粧水です。
水分をしっかり入れる役割をしてくれるので、
ミルクをつける前につけると効果がアップします!


ミルクはしっとりとまとめたい方や乾燥が気になる方におすすめです。

ミディアムくらいの髪の長さで
500円玉くらいの量を使用します。

手のひらでしっかりと伸ばしてから髪につけていきます。

乾いたあとに。。
・もう少ししっとりまとめたい
・ツヤが欲しい

そんな時はオイルを少量手のひらに出して
馴染ませてから毛先にまんべんなくつけていきます。

髪が細い方やペタンコになる方は
しっとりし過ぎてしまうので、
つける場合は少量にしてくださいね。

髪の広がりを抑えたり
髪を柔らかく艶やかに抑えたい
硬毛の方にはオイルはおすすめです。

このように、なりたい髪質に近づけたり
維持をしていくには毎日のお手入れが
とても重要になります。

私の髪質改善はヘナ?トリートメント?どっちが正解?

人気no1



特にご新規のお客さまに、

「髪質改善をしたいのですがヘナをしたら良いのかトリートメントをしたら良いのか迷う」

というご質問をよくいただくのでメニュー選びのご参考までに記しておきます!

(注)あくまで参考までですので、実際は髪の履歴や髪質や求めるデザインによって十人十色ですのでご来店の際に髪の状態を診ながらしっかりと相談させていただきますね☆

「髪質改善ヘナについて」
植物を粉末状にした物をお湯でといて髪へ塗布します

◎オススメポイント
・空洞化した毛髪内部へ栄養補給をし、内側から髪をいたわります
・繰り返し施術する事により、髪にハリ、コシ、ツヤをしっかりつけます
・ハリコシをつくるのでパーマのカールが長持ち
・紫外線をカットします
・100%ナチュラルなのでお肌の弱い方も施術可能(植物アレルギーのない方)

△注意点
・初めて施術する際にヘナショックと言うきしみが出やすい(繰り返す事で馴染みます)
・い草の様な香りが2、3日くらいご自宅でシャンプー、ドライをする際に少し香る
・自然の物につき、すぐに効果が実感しにくい(継続的に施術がオススメ)
・うっすらオレンジ色が入るが、カラーチェンジがしにくくなる

と、言う事でヘナは簡単に言うと・・・

・髪にしっかりしたハリコシ、ツヤが欲しい方
・ナチュラルなもので髪をいたわりたい方

にオススメです!

「髪質改善トリートメントについて」
11種類の栄養を髪のコンディション、求める髪質に応じて組み合わせて塗布します

◎オススメポイント
・髪質問わず施術可能、しっとり、さらさら、ふわふわなど自在にコントロールできる
・施術当日から繰り返すごとにさらに効果を実感できる
・ヘアカラーの色味を問わず施術可能
・縮毛矯正で硬くなった髪には是非!

△注意点
・ヘナもそうですが、枝毛や切れ毛は無くなりません。そうなる前にそうならないようにしましょう☆

と、言う事でトリートメントは簡単に言うと・・・

ヘアカラーも楽しめるのでどんな髪質にもオススメです!


以上がおおよその目安です!

ここまで言っておいて何ですが、髪のコンディション作りで大切なのは

ホームケア>サロンケア → スキンケアと近い

ので今の髪質やダメージにお悩みの方はお気軽にご相談くださいね!

スタイリスト ヨシモトシゲル

【髪質改善】施術後のアフターケアと適切な来店周期は


fc2blog_201805112143400fc.jpg



髪質改善ヘアエステをした後の
おうちでのヘアケアがとても大切になってきます^ ^


1か月のうち1日は美容院でトリートメントをして栄養を入れ、
その後の29日はおうちでのお手入れになりますよね。

シャンプーやトリートメントをオッジィオットのラインを使って頂くとより効果が持続します。


髪を洗うたびに栄養は抜け出ていってしまうので、
毎日のシャンプーで栄養を補うと効果的です。


洗浄力の強い市販品を使うと
せっかくいれた栄養が
早いスピードでどんどん抜けて出ていってしまいます。


オッジィオットのシャンプーは優しく洗いあげながら、栄養も補ってくれるシャンプーなのでおすすめです。


お店でヘアエステをした後はどの位で来店したら
良いのだろう?と思いますよね。

栄養が抜け出て行くスピードは
髪質や髪のダメージ具合やお手入れ方法により個人差があります。

例えば1か月以上ほったらかしにした状態で
栄養を入れるとまた髪の状態が
スタート地点に戻ってしまいます。


良くなった状態で次のステージに進んでいけるように、
まずは2週間後にお店でヘアエステをして頂けると効果的です。

はじめの3回は2週間のペースで
栄養を入れて、髪の中身が詰まってきたら
1か月に1度のペースにしていっても良いと思います。

その都度ヘアケアの仕方や説明をしっかりさせて頂くのでご安心ください(^^)/

髪質改善ではどんなことが出来るのか?

kodawari01.jpg


髪質改善ヘアエステは
様々な悩みや髪質の方に対応出来ます(^ ^)


例えば、ハリコシが欲しい方は手触りが良くなるというよりパリッとしてコシが出る感じです。

他にもパーマやカラーで痛んでしまった方は痛み具合によってはカットもしていかないと解決できない場合があります。

弱い広がるクセの方、髪の乾燥で広がる方はおさまりがよくなります。

ただ、うねるクセはヘアエステではとることができません。

強いくせの方はトリートメントで栄養を入れてあげて、
ストレートと合わせた施術を行うと
綺麗な仕上がりで髪の負担を減らすことが出来ます。


私自身くせ毛でモワモワしますが、
oggiottoで髪質改善ヘアエステをしてもらうと
もわつきがおさまりしっとりしました。

さらに、ホームケアでミルクとオイルも使用することで
まとまりが良くなりました。

髪の広がりを抑えるためにオイルをべったり沢山つけていませんか?

私も以前は髪が広がったりごわついたりすると
抑えるためにケア剤やスタイリング剤を沢山つけていました。


ヘアエステをすると柔らかくまとまるようになるので、
つける量も今ではだいぶ減らすことが出来ました。

あと、感動したのはパーマがくるりと出やすくなったり
カラーの色持ちが良くなったことです!


髪は可愛がった分だけ応えてくれます。

20代後半から年齢を重ねていくにつれて
髪もお肌も乾燥が加速していってしまいます。。

髪にツヤが出ると髪がレフ板の役割になり
お肌写りも良くなってより若々しい印象にみえますよね。

髪が綺麗だと気持ち良くて、
セットするのもお化粧もお洋服を選ぶのも楽しくなります♪


ぜひoggiottoの髪質改善ヘアエステを体験してみてください(^ ^)/
プロフィール

パライソ

Author:パライソ
愛知県岡崎市にある、髪と身体と環境にやさしい美容院、パライソ
【Beauty Life Creation】 ーいつもキレイに心地よくをデザインしますー
髪質改善、天然100%ヘナ、ヘッドスパ頭皮改善、ホームケアまで私たちが全力でサポートします

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR