FC2ブログ

【髪質改善】ヘナかトリートメントで迷う方へ

fc2blog_201805310526559cb.jpg



「髪質改善をしたいのですがヘナをしたら良いのかトリートメントをしたら良いのか迷う」

というお客さまの為にメニュー選びのご参考までに記しておきます

(注)あくまで参考ですので、実際は髪の履歴や髪質や求めるデザインによって十人十色ですのでご来店の際に髪の状態を診ながらしっかりと相談させていただきますね


「髪質改善ヘナについて」
植物を粉末状にした物をお湯でといて髪へ塗布します
(当店では100%天然ヘナを使用)


◎オススメポイント
・空洞化した毛髪内部へ栄養補給をし、内側から髪をいたわります
・繰り返し施術する事により、髪にハリ、コシ、ツヤをしっかりつけます
・ハリコシを作るのでパーマのカールが長持ち
・100%ナチュラルなのでお肌の弱い方も施術可能(植物アレルギーのない方)

△注意点
・初めて施術する際にヘナショックと言うきしみが出やすい(繰り返す事で馴染みます)
・い草の様な香りが2、3日くらいご自宅でシャンプー、ドライをする際に少し香る
・自然の物につき、すぐに効果が実感しにくい(継続的に施術がオススメ)
・うっすらオレンジ色が入るが、カラーチェンジがしにくくなる
・極端な細毛、ダメージ毛の方は絡みやすくなる可能性がある

ヘナは簡単に言うと

・髪にしっかりしたハリコシ、ツヤが欲しい方
・ナチュラルなもので髪をいたわりたい方

にオススメです!


「髪質改善トリートメントについて」
11種類の栄養を髪のコンディション、求める髪質に応じて組み合わせて塗布します


◎オススメポイント
・髪質問わず施術可能、しっとり、さらさら、ふわふわなど自在にコントロールできる
・施術当日から繰り返すごとにさらに効果を実感できる
・ヘアカラーの色味を問わず施術可能
・縮毛矯正で硬くなった髪には是非!

△注意点
・ヘナもそうですが、枝毛や切れ毛は無くなりません。そうなる前にそうならないようにしましょう

と、言う事でトリートメントは簡単に言うと・・・

ヘアカラーも楽しめるのでどんな髪質にもオススメ!

以上がおおよその目安です

ここまで言っておいて何ですが、髪のコンディション作りで大切なのは

ホームケア>サロンケア → スキンケアと近い

ので今の髪質やダメージにお悩みの方はお気軽にご相談くださいね!



スタイリスト ヨシモトシゲル(@shigeru.yoshimoto)

ヘナトリートメントの色について



こんにちは、今回は「ヘナトリートメントを繰り返した髪の色」

についてお話します(^^)


トリートメント前↓

I028450615_219-164.jpg


こちらのお客様は元々自然な茶色でヘアカラーをしており、

現在はヘナに切り替えて毎月ヘナをさせていただいています☆

かれこれ1年くらいでこれくらいのお色味ですね(^^)


元々クセ毛もあったのですが、かなりまとまりやすくなり、

喜んでいただけていますよ


トリートメント後↓

I028450629_219-164.jpg


毛先はこんな感じです(^^)

自然なオレンジブラウンですね☆


I028450632_219-164.jpg


逆光で分かりづらいですが(汗)
全体像はこれくらいです


前回もお話ししましたが、オレンジ味が苦手な方はヘナを調節して色を薄めたり、オレンジ味を抑えることも可能ですのでお気軽にご相談くださいね


よろしければご参考ください(^^)

【ヘナで白髪染め】1染めと2度染めの違い(改)


I025591783_219-164.jpg

こんにちは、最近お電話でのヘナのお問い合わせが多く、特に白髪に対して2度染めをした方が良いかどうかのご質問を受けることが多いので改めて記しておきますね(^^)



まず、ヘナはあくまで植物ですので白髪を100パーセント隠すことは2度染めしても難しいです



大体白髪染めの半分くらいのカバー力だと思って下さい



「隠す」と言うより「目立たなくする」イメージですかね



下記の例ですと、当店ではヘナナチュラル(オレンジ)インディゴヘナ(藍色)の2種類を使用します





染める前

I025590761_219-164.jpg


ヘナ1度染め後(オレンジが入ります)

I025590799_219-164.jpg


ヘナ2度染め後(インディゴが入ります)

I025590857_219-164.jpg


2度染めの染めたては、白髪はうっすら青緑色になりますが、3日ほどかけてより濃く発色しますので上の写真よりはもう少し濃くなります



ここまで約2時間半から3時間ほど



ヘナはカラー剤ではありませんので、しっかり染色するのにどうしてもお時間がかかります


2度染めをご希望される際はお時間に余裕を持ってご来店下さいね!




そして、1度染めか2度染めか?に関しましては、個人的に



「どちらも良い」

と思っています(^^)




お客様の好みで決める事が多いのですが、白髪の量で決める方が多いですかね

比較的少ない方は1度染め、多い方は2度染めをご希望される事が多いです

もちろん、多い方でも1度染めの方もいらっしゃるので、1度シングルで染めてから判断していただいても良いですよ(^^)




よろしければご参考くださいね



その他ご質問等はいつでもお電話でも受け付けておりますのでお気軽にご連絡くださいね!


スタイリスト  ヨシモトシゲル @shigeru.yoshimoto


天然100%ヘナとは?

みなさま、こんにちは。

今回はPARAISO halekulani で使っている、天然100%ヘナについてのお話しです。

そもそも、ヘナって何?
ヘナって呼ばれてるものと、天然100%ヘナって、何か違うの?

そんな疑問を持たれる方に、ヘナのルーツ、天然100%ものとの違いをお話ししますね。

ヘナの葉 写真


ヘナとは、インドや中近東などの熱帯地方に多く自生する、
ミソハギ科シコウカという植物を粉末にしたものです。

世界一の美女クレオパトラが愛し、聖書にも登場したヘナ。

古来より、トリートメント、カラーリング、薬草として愛用されています。

アーユルヴェーダ(インド伝承医学)では、毒素排出・炎症抑制・新陳代謝を良くする効果があるといわれ、
”薬草”としての長い歴史もあります。

ヘナは30~40年前から日本にはありました。

ですが当時は粗悪なヘナしか輸入されておらず、「ヘナは染まらない」
という認識が広がってしまいました。

それをどうにかしようと、ヘナメーカーや現地のヘナ工場がヘナを謳いながら
様々な薬品を混入させ染まりをよくしたのです。

これがいわゆるケミカルヘナで、天然100%のヘナだから安心だと思って使った使用者に
健康被害を与え、ついには国民生活センターに指導されました。

現在でもたくさんのヘナメーカーがありますが、一部のメーカーでは
かつてほどの害のある染料ではないものの依然としてケミカルヘナを
混同して売っています。

そういったヘナ業界に嫌気がさし、ある1人の美容師が自分でインドに赴いて
本物の天然100%ヘナを作り上げました。

PARAISO halekulani で使っているヘナは、この「本物のただのヘナ、ハナヘナ」です。

このヘナは、染まる力を最大限に引き出せるように手選別されています。

どうして手選別がいいのか?

それは、ヘナの製造工場が市場からヘナを仕入れるとき、袋にはヘナの葉と枝、茎や小石、砂などが混在しています。

一般的には機械でそれらをふるいにかけて選別するのですが、それでも不純物は混ざっています。


ヘナのクオリティーを上げるにはどれだけ不純物を取り除けるのかというのが肝心なのです。

最新の機械を使うのも重要ですが、人間の目と手で取り除くことが一番なのです。

ハナヘナ画像_convert_20170127175550

↑これが、機械選別後、ふるいにかけて選別を行っているところです。

手間も時間もお金もかかります。

しかし、この作業がヘナの価値を高め、できるだけお客様に満足して頂けるヘナをつくるのに
欠かせない作業なんだそうです。


ハナヘナ選別法

↑左から選別前、機械選別、手選別のヘナです。この後グラインダーにかけて粉にします。

こうして手間を惜しまず作られたヘナは染まりが非常に良く、香りや粘りも他製品とは比べ物になりません。

純粋な100%の天然100ヘナ粉。

だからその年によってヘナの出来に品質は左右されます。

でもそういうところが天然100%を証明していると思いませんか?

天然100%ヘナ、ハナヘナは嘘やごまかしのない正直なヘナなのです。



PARAISO halekulani では、この正直な天然100%ヘナを使って、
お客様の安心とキレイのお手伝いをさせていただいております。


天然100%ヘナの魅力、まだまだありますが、そのお話はまた次回にしますね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!












プロフィール

パライソ・ハレクラニ

Author:パライソ・ハレクラニ
愛知県岡崎市にある、髪と身体と環境にやさしい美容院、パライソ、ハレクラニ
【Beauty Life Creation】 ーいつもキレイに心地よくをデザインしますー
髪質改善、天然100%ヘナ、ヘッドスパ頭皮改善、ホームケアまで私たちが全力でサポートします

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR